素朴な疑問 についての記事一覧- ページ 2 / 7 - 手作り結婚指輪の素朴な疑問

HOME » 素朴な疑問

素朴な疑問

最高の結婚指輪を求めて

世界に広がる結婚指輪

世界には、名だたる海外製の結婚指輪がございます。中には品質・デザイン性が評価された結婚指輪もあり、セレブ達も愛用しているほど。結婚指輪を手にするのならば、海外の結婚指輪を選びたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。
しかし海外“だけ”に目を向けて指輪を探すのは、あまりにももったいない話。世界に評価されている結婚指輪の中には、日本製もございます。最高の結婚指輪を求めている夫婦のために、最高の結婚指輪について取り上げます。
≫ 『最高の結婚指輪を求めて』

金の結婚指輪

プラチナの結婚指輪か金の結婚指輪か?

結婚指輪と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、プラチナの指輪でしょう。白い輝きは、純白の花嫁を想像します。しかしハリウッド映画などの海外エンタメを覗いてみると、不思議とプラチナの指輪を身につけている人はあまりいません。多くは、シンプルなデザインの金の結婚指輪です。
所変わればなんとやらで、結婚指輪の形は国によって大きく変わるのです。日本ではプラチナが主流ですが、欧米では金の結婚指輪がメインとなっています。
≫ 『金の結婚指輪』

結婚指輪のお値段は高級品!?安くゲットするには?

結婚指輪の値段は色々怖い

結婚指輪の値段は、かなりのお値段がするのではとビクビクしている人は必見です。確かに、ブランドによっては250万円以上する結婚指輪はあります。2つ合わせたら、500万円。高級なSUV車1台購入可能です。
ただ結婚指輪の中には、値段が安いものも含まれています。工夫次第では、電動自転車よりも安く購入できるでしょう。
≫ 『結婚指輪のお値段は高級品!?安くゲットするには?』

夫婦が求めている結婚指輪を探そう

結婚指輪は初めて体験

手作り結婚指輪は、誰しもが初めての体験です。右も分からなければ左もわからない状態。「箸を持つほうが右」だと言われても、頭の中は「何のこと」でしょう。
「わからないこと」があれば、素直に聞くのがベスト。「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」とは、よく言ったものです。しかし素直に質問をしたくても、中々できないもの。周りに結婚指輪を手作りした経験がある人を探すだけでも、難しいものです。そこで夫婦が頭の中で思い浮かんでいる、結婚指輪の素朴な疑問について回答します。
≫ 『夫婦が求めている結婚指輪を探そう』

聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥

わからないことは素直に聞きましょうとはいうけど…

「聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥」と言います。何かわからないことがあって質問をするのは、少々恥ずかしいものです。しかし恥ずかしいからとわからないままにすると、一生後悔します。手作り専門店で用意した結婚指輪なら、より顕著に出てくるでしょう。
そこで恥ずかしがり屋さんのために、手作り結婚指輪の素朴な疑問にお答えします。読み終わったら、心の中が少しスッキリするでしょう。
≫ 『聞くは一時の恥聞かぬは一生の恥』

手作りの結婚指輪に関する謎

結婚指輪を手作りするチャンスはほとんどない!

結婚指輪を手作りする機会は、滅多に訪れるものではありません。指輪職人として夫婦共に働いているのなら、結婚指輪を作る機会は多いでしょう。しかし企業に勤めるサラリーマンだったら、指輪の手作り経験は滅多に訪れることはありません。大半以上は、生まれてはじめての手作り結婚指輪になるはずです。
つまり、右もわからなければ左もわからない状態。そこで手作り結婚指輪の素朴な疑問について、取り上げます。

結婚指輪の作り方は?

結婚指輪を手作りする方法は、色々あります。多くの店で取り入れているのは、ロストワックス製法でしょう。ロウを削り、指輪の形に整えます。ロウの指輪が完成したら、周りを石膏で固めて型を作ります。型が完成したら溶かした金属を流し込み、固めていきます。金属が固まったら、磨いたり加工をしたりして完成です。
夫婦が手掛けるのは、ロウの指輪作り。糸鋸と特殊なヤスリを使って、指輪を作ります。型を作り溶かした金属を流し込むのは、プロの職人のお仕事です。

結婚指輪の納期は?

申込みから納期までの期間は、2ヶ月〜3ヶ月は見ておいた方が良いでしょう。結婚指輪を手作りした人のSNS投稿を見てみると「1ヶ月で完成した」と、いう方もいらっしゃいました。タイミングがピッタリ合えば、もう少し早く指輪は完成するかもしれません。
ただし実際の納期については、実際に結婚指輪を手作りしてみない限りはなんとも言えないのが正直なところ。詳細については、結婚指輪手作り工房まで直接問い合わせた方が確実です。

結婚指輪の素材は?

使用する素材は、色々です。プラチナはもちろん、ゴールドの結婚指輪も手作り可能。工房によっては、ホワイトゴールド・ピンクゴールドに対応しているところもありました。素材が変わると値段は大きく変化するものの、手作りの難易度は変わりません。
なお「不器用でも大丈夫かどうか」という不安もあるでしょうが、大丈夫です。意外と思われるでしょうが、指輪作りに熱中になるのは「不器用な人」です。自分が不器用と思っているのなら、7割は指輪作り成功です。

手作り結婚指輪の気になること

生まれてはじめての結婚指輪

複雑な事情がない限り、生まれてはじめての結婚指輪になるかと思います。生まれてはじめての結婚指輪となったら、右もわからなければ左もわかりません。「お茶碗持つ方が左」と言われても、パニックになるだけです。
そこで聞きたくても聞けない、手作り結婚指輪の素朴な疑問についてお答えします。
≫ 『手作り結婚指輪の気になること』

意外と知らない手作り結婚指輪のいろいろ

不安がある結婚指輪の手作り

結婚指輪の手作りに取り組む人の大半は「生まれて初めての指輪作り」に、なるでしょう。初めての体験にウキウキしている人もいらっしゃるでしょうが、不安になっている方もいるでしょう。作る指輪は指輪でも、結婚指輪。変なプレッシャーがのしかかります。
そこで、生まれて初めて結婚指輪を作る人に向けて、手作り結婚指輪の素朴な疑問にお答えします。
≫ 『意外と知らない手作り結婚指輪のいろいろ』

手作り結婚指輪の謎を解き明かす

今さら聞けない手作り結婚指輪の素朴な疑問

ヴィトンを始め、世界に名前を轟かせているブランドの多くは手作りです。また工房に事前予約を入れたら、夫婦自らが道具を持って結婚指輪を手作りすることも可能です。
結婚指輪の手作りは人気があり、工房によっては予約が難しい所もございます。しかし、人気が先行してしまっているのも事実。「手作り指輪は良い」というだけが広まり、具体的な内容についてはあまり触れられていません。そこで今さら聞けない、手作り結婚指輪の素朴な疑問にお答えします。
≫ 『手作り結婚指輪の謎を解き明かす』